2015年12月06日

ショートフィルム『透明な映画』公開

気まぐれなブログ更新。映像作品新作をネット公開しました。

『透明な映画』
出演:篠崎雅美、鈴木文平、時村聡 
監督・音楽:水流ともゆき



切ない不思議系恋愛ファンタジーです。
観たら分かりますが、後半に進むにつれてどんどんすごいところに連れて行かれます。
僕は正統派の恋愛物語をやるつもりで脚本書いたんですけど、どうなんだろう…(笑。

撮影は3年前の晩秋に京都で2日間(うち一日は素材撮りのみ)。
当日打ち合わせでシナリオ読んでいただいて、いつものように半即興的演出のスタイルで。

喫茶に見立てた室内ロケは京都・岡崎にある「だる満」さんにて。
ロケ中にお茶を出してくださったんですけど、お茶からしてすごく美味しくて、雰囲気のあるお店です。

PLフィルター以外のフィルターをアナログで使ったのは初めて。
デジタルの効果も上乗せして、秋の柔らかく少し冷たい光加減を僕なりに引き出してみました。
作品中の紅葉や川の描写も見所です。京都の良さは神社仏閣だけじゃないんです^^。

音楽も、いつもとはまた違う目線で拘ってみました。
エンディングの曲、短いけどいま一番のお気に入りです。「透明な映画」というテーマ性が一番出ている曲かな。midiの生演奏ピアノに生バイオリン、打ち込みのチェロ、グラスハープの構成。
&中盤〜クライマックスに向けてのシーケンスは、シンプルな響きとリズムの発展でシーンを導いていく音楽を試してみました。


これからプロモーション活動に入ります。
このショートフィルムの映像使ったライブも、やってみたいな、と思ってます。
posted by 水流ともゆき at 05:21 | NEWS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。